施工管理スタッフ

施工管理スタッフインタビュー

制作部 鈴木 光
建築業界未経験での転職。まだ入社して1年以内なので、今は主に先輩について現場へ行き、現場監督の仕事が多いです。

何もない空間にお店が作られていく感動

現場の仕事で気が付いたのは、今まで何気なく通っていた有名チェーン店やショップも、こうやって職人さんたちの手で作られているんだなということ。
お店に客として通っていた頃は、そんなこと考えたこともなかったけれど、こうやって目の前で職人さん達が作り上げていくのを見て、本当に感動しました。
何もなかった空間に、骨組ができ、壁ができ、床ができ、天井ができ、きれいに塗装され、 電気がつき、 クロスが貼られ、オーダー家具、什器が入り、お店のサイン(看板)が掲げられ。。。
そのすべての工程を、すべて自分の目で見られるのが、この仕事について一番感動したところです。
そして、自分が作ったお店で、楽しそうに買い物をしているお客様、家族でお食事を楽しんでいるお客様を見たときに、しんどい事もあったけど頑張ってよかったな~と、やりがいを感じます。

施工管理スタッフin現場

仕事とプライベートを両立できる会社

入社前は、建築業界は残業が多くきついというイメージがあったので、それなりの覚悟をして入社したのですが、CALでは、先輩社員が率先して定時で帰宅するなど、残業を強いられる雰囲気もなく、1年目の私はほとんど残業をすることはありません。
連休も取りやすく、今年のゴールデンウィークは10連休でしたし、お盆休みは9連休取らせていただけたので、友人と関東の方へ旅行に行ってきました。

けれど、大型商業施設内の店舗工事となると、夜勤や休日出勤はどうしてもあります。
そんな時は、社長が週礼会議で「代休とれよ~」と声をかけてくれるので、代休も取りやすく、CALは、プライベートな時間、社員の健康も大切にしてくれる会社だと思いました。
服装は、ネクタイスーツの義務はなく、GパンTシャツでOKなので気楽です。
現場の作業服は、会社から支給なので汚れも気にせず作業できます。

経験を積んで早く一人前になりたい

これからもいろんな現場で経験を積んで、早く一人前になり、一つの案件をすべて任せてもらえるようになりたいです。
そして、先輩たちに給料面でも早く追いつきたいです。
そしてそして、プライベートも仕事も充実した人生にしたいと思います。

(株)CALの求人情報はこちら

求人採用/エントリー