施工管理主任

施工管理主任スタッフインタビュー

施工管理主任 川上 渉
建築の専門学校を卒業後、他の建築会社を経て、CALへ。
以前から内装に興味があり、CALに入社すれば多様な案件に関わることができる点、そして何より社長の人柄にも惹かれ入社を決めました。
しかも大手商業施設、テナントなどに入っている有名ブランドの店舗など「おしゃれでかっこいい!」工事を手掛けているのも魅力でしたね。

(株)コンセントアーキテクチャーラボラトリーのスタッフ、テーブルカバーを納品
新設事務所様にテーブルカバーを納品、テーブルに設置しているところ。

施工管理はコミュニケーションが何よりも大事

施工管理の仕事内容は発注や業者との打ち合わせ、工程管理や安全管理、品質管理などを現場で行いながら工事を納めるのが主な業務です。

施工管理の仕事をするうえで特に気を付けていることは、コミュニケーション。
内装工事は決して一人ではできない大きな仕事です。
クライアント様や専門業者様、職人さんなど、多くの人が関わり、その橋渡しをするのが私たち施工管理の役目。
打ち合わせを密にし、何かあったらすぐに連絡、そして現場へも顔を出し、直接コミュニケーションをとるよう心がけています。

特に年上で業界の先輩でもある職人さん達への接し方には気を使います。
現場監督として彼らに指示をすることが仕事ですので、 きちんというべきことは言わなければならない、その言葉遣いや伝え方には気を付けながら話すようにしています。

あのお店は俺がやった仕事!と周囲に自慢できる!

内装業界は、どんどん新しい商材や施工方法等が出てくるので、ショッピングなどに出かけた際も、さまざまな店舗の内装を意識してみるようにしています。
CALだからこそ誰もが知る有名ブランドの店舗内装や人気店、デザイン性の高い案件を手がけることができる。
それを日々完成に近づける喜び、そして、職人さんやいろんな人の手を借りながら完成させる喜びは、ほかでは味わえないと思います!

これからも面白そうな仕事が待っている

大阪では今後、梅田北ヤードの再開発や、大阪万博などの大きなイベントがまちかまえています。
それらに関連した仕事にも携われるように、これからも頑張りたいと思います。

(株)CALの求人情報はこちら

求人採用/エントリー